東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 祓川より鳥海山一周 ステップソール編

<<   作成日時 : 2011/05/14 11:10   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

鳥海山 祓川〜七高山〜唐獅子小屋〜行者岳〜大股雪渓〜文殊岳〜千蛇谷〜北面〜祓川


2011/05/07 晴れ 後 曇り

祓川第2駐車場 6:16 → 七高山 8:27 → 唐獅子平避難小屋 9:08〜25 → 行者岳 11:01〜25 

→ 湯ノ台コース 11:43 → ランチタイム 12:08〜30 → 文殊岳 13:12 → 北壁基部 13:35 →

 祓川第2駐車場 14:36 


 一週間振りの鳥海山、祓川まで向かう道路脇の雪の回廊はだいぶ低くなっていたが、祓川より上部の雪はまだたっぷりあり雪面も綺麗であった。朝から気温が上がる予報のこの日、祓川を出発したのが早朝であったが、七高山までシール登行で難なく登頂。稜線まで雪が繋がっていた。新山ドームの雪もまだ綺麗であった。
画像


 新山に渡り、北壁を滑走の予定であったが、稜線では風が強く、真っ直ぐ歩くのも困難で、新山へ向かう鎖場の雪はまだ固かった。アイゼンはザックの中にあったのだが、この雪の状態では北壁滑走は無理と判断し、第2プランへ変更。3年前に祓川起点で鳥海山を一周(その時の様子はこちら)したコースを、今回はステップソールで辿る事に。シールの脱着が無いので、今回は途中良さそうな斜面で滑走を楽しみながら進むことにした。早速、唐獅子平避難小屋に滑り込んだ。表面は緩んでいたのだが中はまだ固く、板が良く滑り、一本目から楽しむ事が出来た。入口の前にはまだ雪が残っていた。
画像


 入口に吹き込んだ雪は綺麗に除雪されており、中に入って小休止をする。窓はまだ冬囲いされたままで、板が外された窓は一箇所だけで中は暗かったので、入口の扉は開けたままで休んだ。小屋のノートを読むと、5月3日に利用された方が除雪に2時間かけて要約中に入られたとあった。G.W.前半の鳥海山は悪天だった事もあり、その前まで誰も利用しなかったようだ。
 唐獅子に別れを告げ、斜め左に進路を取り、ステップソールで無理のない角度で登り返していった。白沢雪渓上部も良さそうであったがそこはスル―し、大股雪渓に到着すると雪が融け藪が出て真っ直ぐは進めなくなった。少し下れば雪が繋がっているのだが、そのまま下るには勿体ない斜面なので、一旦上まで登り返して、ここで一本楽しんでから次に進む事に決めた。滑る意欲がそそられる斜面は、大抵ステップソールで登るには厳しい斜度であるため、大きくジグを切りながら登り返し、行者岳付近の稜線に辿り着いた。稜線にもまだ雪が残り、千蛇谷も綺麗であった。笙ヶ岳ではまだ雪庇が落ち切っていなかった。風も収まっており、この後の北壁滑走が楽しみになった。
画像


 大きく開いたクラックもまだない大股雪渓で2本目の滑りを楽しんでから、雪の繋がっている所にトラバース気味に下り、さらにトラバースしてソロバン尾根を通過して、湯ノ台コースに到着。途中でランチタイムを取ってから、もう少しで文殊岳という辺りから、伏拝岳より上部にガスがかかり始めた。徐々に曇り空になっていたので、文殊岳直下の急斜面では、雪がまた固くなり始めていた。文殊岳付近に到着した頃には、山頂はすっかりガスに覆われてしまっていた。
画像


 文殊岳から千畳ヶ原まで一本滑ってから、七五三掛〜千蛇谷〜山頂と登り返す予定であったのだが、天候が急変したため、北壁滑走は諦め、千蛇谷末端から北面を滑るエスケープルートを通る事にした。七五三掛から千蛇谷までトラバースするルートが開通しているか分からなかったので、文殊岳から千蛇谷にドロップする面の状態を確認し、そこから下降する事にした。ガスが文殊岳まで下がってくる感じだったので、急いでバックルを締め直し、ドロップしたのだが、一回目のターンで違和感を感じ、何とか体制を立て直し千蛇谷に滑り降りた。千蛇谷から荒神ヶ岳
画像


 稲倉岳〜中島台〜康新道の眺めを楽しみながら、北面で最後の滑りを楽しむ。
画像


 北壁基部の近くまで滑ってきてから、ヒールリフターが上がったままで滑ってきていた事に気付いた。文殊岳でガスが迫っていて慌てて滑り降りたため、ヒールリフターを下げるのを失念していた。せっかくのおいしい斜面を勿体ない事をしたものだ。ガスのかかった北壁を恨めしく眺め、祓川に戻った。
画像


動画編 七高山からの眺め〜唐獅子小屋までの一本〜行者岳からの眺め〜大股雪渓の一本〜北面斜面の一本

      フルスクリーンでご覧になりたい方は動画の画面右下のYouTubeのロゴマークをクリックして下さい↑

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 なるほど!、そういう楽しみ方もあるんですね。
バイキング形式の食事みたいで感心しました。
ファーマー佐藤
2011/05/15 08:28
例年なら藪が出始めて、自由なコース取りが出来ないのですが、今年はまだ大丈夫でした。
滑りたい斜面がたくさんあるものですから、一番楽な祓川から登れば、他の斜面で遊ぶ事も出来ます。
管理人
2011/05/15 22:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
祓川より鳥海山一周 ステップソール編 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる