東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山 板納めはもうちょっと先 フラットバーンを堪能

<<   作成日時 : 2011/06/20 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

鳥海山 祓川〜七高山〜唐獅子小屋〜七高山〜祓川


2011/06/12 晴れ 時々 曇り

祓川ヒュッテ 7:52 → 七高山 10:20〜47 → 唐獅子平避難小屋 10:57〜11:18 → 

七高山 12:22〜13:01 → 東斜面(1716m)13:16 → 七高山 14:12〜30 →祓川 15:00


 朝から快晴のこの日、早朝から祓川駐車場も満車に近かった。前日と同じルートを辿りステップソールで七高山へ 山頂で、前日も七高山で出会った皮靴とステップソールの細板の人と再会した。話を伺うと、革靴と思っていたのはクロカン用の靴であった。後から連れの方も登頂された。
 山頂小屋にヘリが荷揚げをしていた。3年前にも丁度荷揚げの日に鳥海山に登っていて、麓のヘリポートから山頂までを何度も往復するヘリが笙ヶ岳をかすめて行き来するのを、笙ヶ岳から見てた事があった(その時の様子はこちら)が、山頂で見るのは初めてであった。山頂小屋に荷を下ろす瞬間のヘリ
画像


 フラットバーンの舎利坂を滑り、東斜面へと滑り込んだ。前日は舎利坂を過ぎると浅い凹凸で滑りにくかったが、この日は日の出の頃から太陽が照っていたため、ずっと下部までフラットバーンが続いていた。クロカンの人が唐獅子小屋を目指すと聞いていたので、舎利坂から唐獅子小屋の方へと滑り込んだ。この時期、藪が出て雪が繋がっていないだろうと思っていたが、唐獅子平避難小屋まで雪が繋がっていた。小屋から見上げる山頂
画像


 唐獅子平避難小屋の周りではすっかり雪融け
画像


 山頂から滑って来た3人の方が小屋に到着された。百宅口から登って来たという方に話を伺うと、唐獅子小屋より下では夏道を歩く所が結構あって、大変であったようだ。七高山に向け登り返している途中で、先程のクロカンの方とスライドした。クロカンで普通に滑って降りて来られたのには驚いた。
 スライドした後にガスに覆われ、涼しくて登り易かった。舎利坂に到着すると大勢の人で賑わっていた。朝よりも雪が緩み、登り易くなっていた。
 唐獅子小屋からまっすぐ新山への分岐を目指して登ってきた場合シール登行でも一時間位かかるが、小屋から舎利坂を通って七高山を目指してステップソールで一時間ちょっとで登って来られたのは予想外であった。七高山までの方が距離は長くなるのだが、平均斜度が緩い為結果的に早く登れたのではと思われた。舎利坂の上部で、本荘山の会のデンキさんとお会いした。また前回御浜で出会った方にもお会いした。
 お昼を食べている時は良かったのだが、舎利坂二本目を滑ろうとした時舎利坂にガスがかかってきてしまったので、ガスが晴れるまで待機。視界が良くなってきたので一気に滑り降りた。舎利坂から下るとガスから完全に抜けた。雪の繋がっている所を適当に滑り降り、御田ヶ原が見下ろせる所迄滑った。御田ヶ原では雪融けが進み池塘が見えていた。再び登り返す。滑り降りてきた時かかってきていたガスは消え、二度目の登り返しは暑くて参った。
 三度、舎利坂の上部に到着した時、再びクロカンの方と再会した。舎利坂の急斜面でのクロカンの滑りを見て、革靴で滑る時の参考にさせて頂いた。また、超ショートスキーで滑る方も見られた。推定60cm、一時期流行ったファンスキーやフリーベンチャー(現スキーベンチャー)と比べても極端に短い。板を見せて貰ったが、ビンディングは真ん中よりもずっと後ろについていた。ブーツは兼用靴のようであったが、スムーズにターンをして滑り降りて行かれた。
 後は祓川に向けて滑り降りるだけ。滑るにつれ、縦溝や凸凹が現れるようになったが、緩んでいて問題なく滑る事が出来た。次週もまだ大丈夫と思いながら、祓川を後にした。

動画編 荷を下ろし飛び去るヘリ 舎利坂からの滑り クロカンとショートスキーの方の滑り 七ツ釜までの滑り

          フルスクリーンでご覧になりたい方は右下のYouTubeのロゴマークをクリックして下さい↑

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
クロカンのTです。

(間を外したコメントで何ではありますが・・・)
動画の掲載ありがとうございます。
自分の滑りのクセがでまくっていますが、課題の再確認になりました。
東北も梅雨入り、こちらもそろそろ板納めかも。

それにしても縦横無尽に何度も登り滑りを繰り返す体力、うらやましいですね。
来シーズンもブログの活動記録を楽しみにしています。
T@秋田市
2011/06/27 21:28
クロカンのTさん
動画のアップの許可を頂きありがとうございました。
とても滑らかな滑りで、癖が出ているとは分からなかったのですが…。
クロカンの板と靴は軽いので、登山道歩きもそう苦にされないと思われますが、鳥海山では先日大量の雨が降ったと思われますので、一気にコンディションが悪くなったのではないでしょうか。
また、来シーズン宜しくお願いします。
管理人
2011/06/28 06:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥海山 板納めはもうちょっと先 フラットバーンを堪能 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる