東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥越川ルート

<<   作成日時 : 2012/03/19 20:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

鳥海山 鳥越川ルート


2012/03/18 曇り 時々 晴れ

 いつものスタート地点から歩きだすと、一人先行者が見えた。近づくとじgさんであった。今日は単独での行動との事であった。先行して中島台のブナ林の中を歩いていくと、次第にガスが濃くなった。標高の低い所でガスがかかっていると、ガスさえ抜ければ、上空は青空が広がっている事を期待しながら先に進んだ。目印が全く見えず、いつものルートから蛇行して、要約倒木地点に着いた。ブナ林を抜け、開けた所に出たが、期待とは裏腹に濃いガスのまま。木もまばらになり目印がないまま、それでも上では晴れていると信じ少し先に進んだのだが、すぐ目の前に見えているはずの小ピークも分からず、今回は諦め引き返し始めた時、じgさんが登って来られた。
 じgさんのGPSには前回登った時のログが残っていて、一緒に同行させて頂いた。10mも視界が効かない中、じgさんのリードで進んでいったのだが、一向にガスが晴れる気配はなかった。じgさんも上では晴れていると考えられていて、もくもくと前に進んでいくと、今までと明るさは変わらなかったのだが、上空からの熱が感じられるようになった。千蛇谷の近くで、太陽がうっすらと見え始め、要約ガスを抜けると、白い頂きが青空に浮かび上がっているのが見えた。
画像


 視界が出てからは、先頭を交代し上を目指した。下では湿り雪だったが、千蛇谷付近では、固い雪が日の光で少し緩んだ程度で、なんとかシール登行で千蛇谷に上がる急斜面を登る事が出来た。

 千蛇谷に上がって、お昼も過ぎていたのでランチ休憩。南西側から雲が流れてきていたが、外輪に遮られ、千蛇谷は晴れていた。稲倉岳は雲海の中であった。
画像


 千蛇谷は平らなのでシール登行が始め可能であったが、中間地点位から、スリップするようになった。スキークランポンを装着すればまだ先に進めたのだが、千蛇谷にも外輪を越えた雲が流れるようになってきており、山頂まで進んでも遅くなって、滑り降りてくる頃には雪面が固くなってしまう事も考えると、視界のある内に滑り下りる事に話し合って決めた。千蛇谷はスケートリンクのように滑らかな固い表面で、傾斜は緩やかなのに板が走り過ぎり上に思うようにターンが出来ず、ロングターンでなんとか下り、千蛇谷末端からは最中雪で板が引っ掛かり、滑るには苦労したが、ブナ林に戻るまで視界はあり、十分楽しめた。
画像


 ブナ林の中では、視界が悪くトレースを忠実に辿るしかなかった。上では晴れていて山頂も近くで見られ、滑りもそれなりに楽しめたので、期待していた以上には楽しい山行であった。上まで連れて行って頂いたじgさんに感謝である。

動画編

          フルスクリーンでご覧になりたい方は右下のYouTubeのロゴマークをクリックして下さい↑

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥越川ルート 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる