東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山初滑り

<<   作成日時 : 2012/12/24 21:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

鳥海山 大台野〜滝ノ小屋〜マタフリ沢〜大台野


2012/11/25  のち 晴れ

湯ノ台 9:23 → 滝ノ小屋 11:37〜12:08 → マタフリ沢周辺  → 湯ノ台 15:21

 天気の回復が遅くなるとの予報であったので、遠くの月山は諦め、鳥海山へ。大台野に到着したが雪がなく、奥まで車で進む。徐々に雪が深くなってきて、一台先行者の車が止まっていた。さらに雪深くなってきていたが、さらに奥まで車が通った跡が残っていたので、なお進むと、前の車が引き返された所まで到着。標高800m付近まで車で入れた。
 新雪はうっすらと積もっている程度で歩きやすかった。先行者のトレースが一本つけられていた。カーブを一つ曲がると、そこは宮様コースの入口であった。宮様ルートを過ぎて車道沿いに進むと間もなく山雪荘へ到着。鶴間池が最初の見下ろせるヘアピンカーブの所まで来た頃、雪が降ってきていた。鶴間池を見ると完全に露出していた。
画像


 ブナ林の下藪も埋まっておらず、ショートカットは無理だったので車道を辿った。のぞきに到着した頃には雪が止み、稜線にはまだ雲がかかっていたが、青空が望めるように。
 下が望める所では二人が登って来られていた。かなりのハイペースで登って来られてきていた。
 車道終点近くまで来ると、風通りが良いところでは、新雪が吹き飛ばされテカテカ。森林限界より上部では恐らくアイスバーンと予想された。登っている途中で片方のストックが深く刺さるので見ると、どこで外れたのかスノーバスケットが無くなっていた。のぞきまではスノーバスケットがまだ付いていたを覚えていたが、引き返して探す事にしてもどこまで引き返すか分からないので、帰りに探す事にしてそのまま上に進むが、歩き辛い。

 まだ灌木も埋まっておらず、車道終点からは登山道を辿る。登山道は林の中なので、新雪が15〜20cm程積もっていて、先行者のトレースを有難く辿らせて頂いた。
 まだ上部では雲が残っており、滝ノ小屋でランチタイムを過ごして天気の回復を待つ事に。滝ノ小屋に到着する頃、先行者が滝の上の台地から滑り降りてこられた。小屋の前で話を伺うと、上部ではガリバーンであると伺った。小屋で休憩せずに夏道を戻って行かれた。
画像


 小屋の入口の吹き溜まりはまだ少なかったので、小屋に入り土間の所で休憩。小屋の存在は有難い。後から登って来られていた二人が来られるかと思っていたが、途中で引き返したのか小屋には来られなかった。ランチを食べて外に出てみると、稜線のガスが大分薄くなってきていた。小屋の裏は藪が大分埋まっていたので、登行再開。
 マタフリ沢上部周辺の窪地に向かってみると、斜度もあり新雪も厚くはないが積もっていて滑られそうであった。その上の台地に出るとガリバーンで撤退決定。
画像


 先ほどの窪地で鳥海山初滑りを楽しむことに。部分的に新雪がうっすらとしか積もっていない所もあり、またスノーバスケットが片方ないので、セーブしながらの滑りではあったが、前回の月山と比べるとまともな初滑りを楽しめた。数本滑っていると、丁度滑っている標高の所に雲がかかってきた。ガスは心配無かったが、厚い雲に太陽が遮られ、少しうす暗くなっただけでも新雪とアイスバーンの境目が分かり辛くなり、まだ見分けがつくうちに滑り下りる事に。
 車道まで下りてくると、クロカンのトレースが二本。ハイクが早かった事や、上には来られなかった訳が分かった。車道の下りは新雪がうっすらとしか積もっておらず、高速リンク状態なので、斜度が緩くても板が走ってくれた。途中で無事スノーバスケットも回収。
 段々下ってくるとアイスバーンはなくなり、斜度が緩いところではスケーティングになったが、思っていたよりは楽に車の所まで戻れた。帰路で、鳥海山の外輪が夕焼けに染まっているのが見られた。中腹には雲の帯が。
画像


      日向川の夕焼け
画像


      動画編 鶴間池〜滝ノ小屋周辺〜マタフリ沢周辺〜マタフリ沢窪地滑走〜車道滑走〜鳥海山夕焼け

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
鳥海山は疎林帯が少なく風が強い為、中々気軽に遊べるエリアは少ないかもしれません。
しかし、動画を拝見していると自分が滑ったような気がして楽しめました。
sakano
URL
2012/12/29 20:43
sakanさん
湯ノ台コースは宮様ルートやのぞきからの林間ショートカットが滑られるようにならないと、森林限界より上は降雪直後のタイミングでないと厳しいですね。マタフリ沢からソロバン尾根に移れれば吹き溜まりやすい地形がありますので、なんとかなりそうな気がしますが。
今回は滑る時間が短くて、車道での滑りも入れてしまいましたが、12月に入ってからは例年より多い積雪量で、この後の森吉でもハイシーズン並みに楽しめました。
管理人
2012/12/29 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥海山初滑り 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる