東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山 北面三昧

<<   作成日時 : 2013/05/23 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

鳥海山 祓川〜七高山〜新山〜北面×3〜祓川


2013/05/18 晴れ (&地震雲も観測)

祓川 7:00 → 七高山 8:45〜9:05 → 新山 9:15〜47 →  北壁基部 10:10〜39 → 荒神ヶ岳尾根 11:40〜12:07 

→ 基部 12:15〜47 → 新山 14:20〜58 → 祓川 16:09
画像

 早朝から強い日差しを浴びている北面を確かめながら祓川に向かった。この日の七高山からの眺望は特に素晴らしく、飯豊連峰(大日岳〜烏帽子岳〜北股岳〜えぶり差岳)がくっきりと見えていた。
画像


    朝日連峰(以東岳〜化穴山)の奥に飯豊連峰(飯豊本山〜大日岳〜烏帽子岳) 
画像


    飯豊連峰(大日岳〜烏帽子岳〜北股岳)
画像


    石転ビ沢も確認出来た。
画像


    小朝日岳〜大朝日岳
画像


 月山の長い稜線の奥には磐梯山もはっきりと目視出来た。今までうっすらと目視出来た事はあったが、写真を撮っても写っていた事はなかった。今回初めてうっすらとだがピラミダルな磐梯山が写っていた。
画像


 七高山からの眺めを楽しんだ後、直ぐに新山へ移動。笙ヶ岳東斜面を確認。
画像


 鉾立の駐車場は思っていたより車が少ない。この時季は県境口から登る人が多いためかと。
画像


 北面一本目は荒神ヶ岳から滑り始めようとしたのだが、まだ緩んでいない上クラックも多く入っていたので少し高度を下げてから滑走開始。基部まで滑り降りてからシール登行で稜線を目指す。
 稜線に到着すると、外輪の上には環水平アーク
画像

 
 鳥海山で過去2回、朝日連峰で1回観測した事がある環水平アークだが、2010年に見えたものは今回のものよりもはっきりと見えていた記録がある(その時の様子はこちら)

 稜線で環水平アークを見ながらランチを食べた後、北面二本目へ。雪も緩みこの日一番良かった滑りであった。滑り降りている最中、北壁を滑り降りてきていた4人が祓川に戻る所であった。北面
画像


 再び、シール登行で山頂を目指している最中に、山頂の上空に珍しい形の雲がかかっていた。13:24分に撮影しているのだが、この日の14:48分 福島沖を震源地とする震度5強の地震があり、丁度その時には新山山頂に居たのだが地震に気づかなかった。帰宅してから大きな地震があった事を知り、ひょっとしたら地震雲だったのではと思っているのだが…。  
画像


 滑り降りてきたルートで荒神ヶ岳を目指そうと思っていたのだが、急すぎてシール登行は厳しいようであったので、尾根から千蛇谷側に回り込んだ。雪が繋がっていなければ千蛇谷まで降りないといけないと考えていたのだが、ぎりぎり雪は繋がっていて、荒神ヶ岳の少し下を巻いて新山山頂に到着。基部からシール登行で約1時間半で山頂に戻った。
画像


 最後は北壁を滑り降りた。滑降開始付近はまだ少し固かったが、そこを過ぎると先週よりも状態は良かった。北壁基部では先週よりクラックが大きくなっていた。
画像


 基部から祓川への戻るルートは先週より雪が途切れていて、藪漕ぎが辛くなっていた。

動画編 北面滑降 〆は北壁へ

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
18日ワタクシも北斜面を滑りましたが、ヒナザクラさんも同じ日に滑られていたんですね。
文中の「北壁を滑り降りてきていた4人が祓川に戻る所であった。」の4人は我々です(^^ゞ
シュプールが1本あるのに気付いたのですが、それがヒナザクラさんのだったのですね。
それにしても祓川への戻りでは苦労しました。
このルートは全員初めてのうえ、時期が遅くてヤブが行く手を阻み右往左往し、かなりロスしたと思います。
ご教示いただければ幸いです。
トラ山
URL
2013/06/02 21:00
トラ山さん
北面から祓川の戻りは登り返しがあるので、ステップソールでないと行かない事にしています。
最初の藪はあそこしかありませんが、その後の方は、下か上に巻くと回避出来る場合があります。その日によって雪の付き方が違うので、行ってみないとどのルートがいいかは分からないんですよ。
戻りのルートは辛いですが、北壁の滑走が素晴らしいので、ついつい向かってしまいます。
管理人
2013/06/04 07:00
なるほどステップソールですか。
シールの手間が無くてアップダウンのある場合には適していますね。
ワタクシも当日は上からか下からか何箇所も迷いましたが、結局はどちらからが良かったのか分かりませんでした。
そんなわけで来シーズンはソロで、じっくりとルート探索を楽しんでみたいなとも考えています。
ご教示ありがとうございました。
トラ山
2013/06/04 22:19
ステップソールはアップダウンのあるルートは重宝しますよ。
もう少し早い時季に滑られれば、藪が出てないのでしょうが、
その頃には北壁斜面が緩んでいない事が多いので、
タイミングが難しいですね。
管理人
2013/06/07 06:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥海山 北面三昧 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる