東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 今季終盤の稲倉岳

<<   作成日時 : 2015/03/23 20:51   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

鳥海山 稲倉岳


2015/03/21 晴れ

除雪終了地点 11:47 → 稲倉岳山頂 14:40〜15:21 → 下山 16:01


    送別会の翌日、目覚ましで起きるも、体調優れず二度寝。遅い朝食を摂ってからの出発となり、稲倉岳へと目標を変更。七曲までの林道では杉の落葉で雪が汚れていたので、ステップソールで出動。早くも雪が解けて道が露出していた箇所があった。石も出ていたので、帰路に拾わないように留意。雪が汚れていたのは杉林の中だけであった。七曲の登り口でシールを装着し、ショートカットで七曲を登る。シールレスではショートカットしては登れない程雪が固かった。七曲りを登ると、いつも早く雪が解ける箇所でも既に雪が途切れていた。板をいったん外して歩いて通過。板を脱いだのはそこだけであった。
    登りは神社ルートで進む。森林限界から先でも笹が出始めていたが、雪が途切れていない箇所を通って山頂を目指す。前々日に降っていた雨は山では雪だったのではと思っていたが、雨であったようで、雪解けが一気に進んでいた。午後の一番雪が緩んでいる時間帯の登頂となってしまったが、山頂付近ではカリカリであった。なんとかスキークランポンを使わずシール登行で山頂へ到着。車止めには6台の車が止まっていたのだが、森林限界で二人の山スキーヤーとスライドしただけで、他の人とは出会わなかった。
    山頂から鳥海山の眺めを堪能してから下り始めるが、滑り始めはカリカリで我慢の滑り。森林限界付近からは気持ち良く滑れた。下りはオープンバーンを繋いで滑るが、少雪で灌木が気になり始めていた。七曲からの林道で石を拾わないようにと気を付けていたのに…。
    稲倉岳でのバックカントリーは今季終盤と感じた。
    
画像


画像


画像


     動画編 https://youtu.be/5wnZnx1mlh4

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今季終盤の稲倉岳 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる