東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 私的なまはげライド 男鹿半島一周

<<   作成日時 : 2015/05/11 21:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

男鹿半島 男鹿半島一周


2015/05/03 快晴

船川 → 鵜ノ崎 → ゴジラ岩 → 五社堂入り口 → 大桟橋 → GAO → 八望台 → 

                                              入道崎 → 本山 → 寒風山 → 船川

     
画像


     さすがにG.W.中は鳥海ブルーライン祓川線は車通りが多いだろうと、他にいい所はないかと探したところ、男鹿の本山は登山でも登ったことはなかったのだが、山頂まで道があるというので、ついでに男鹿半島一周も計画。
     海を眺めながら走るには反時計廻りがいいので、船川をスタート。最初は起伏のない海岸沿いを走る。遠浅の岩礁帯が続く鵜ノ崎海岸 波がほとんどなく、海面が鏡のようであった。
画像


     景色が良いので、たびたびペダルを漕ぐ足が止まっていた。鵜ノ崎もそうであったが、館山崎も男鹿半島・大潟ジオパークの一つで火山噴出物の地層が見られた。
画像


     潮瀬崎でゴジラ岩を探す。苫小牧から秋田港に寄港するフェリーが近くを南下していった。
画像


     五社堂の石段入り口より登り坂が始まる。
画像


     徐々に高度を上げて行くと、奇岩の続く海岸線がはるか下に。洋上の天然の石橋、大桟橋も見られた。
画像


     大桟橋の辺りから下り坂となり、カンカネ洞のある加茂青砂に立ち寄った後、再び登り坂となる。今度は苫小牧行きのフェリーが追い上げてきた。GAOでフェリーに追い越された。
画像


     戸賀湾から八望台へ一度立ち寄る。展望台よりの火口湖の二ノ目潟と戸賀湾 この後目指す本山と寒風山もよく見えていた。
画像


     八望台を後にし、入道崎を目指す。観光客が多い入道崎はトイレ休憩だけですぐ離れた。なまはげラインを暫く走る。さすがに車の往来が多い。本山へ向かう途中で見られたミツガシワの群落が咲く枯沼
画像


     標高400m位からダートになると分かっていたのだが、浮石の砂利が多いダートでセミスリックタイヤではスリップして登れない所もあり、途中諦めて押して山頂を目指したのだが、本山と毛無山の中間地点でロープが張られ山頂付近までは辿りつけなかった。レーダー群
画像


     この次は、登山で山頂に来ようと心に決め、再びなまはげラインに戻り、寒風山を目指す。
画像


     寒風山ではパラグライダーが盛んだが、あいにくこの日は風がなく、上昇気流をとらえて高く飛んでいる人は見られなかった。
画像


     後は、船川に下り、男鹿半島一周の旅は無事終えることが出来た。
     後から、男鹿半島なまはげライドの第一回の大会が催され、(今回のコースとは少し異なるが、)大勢の方が楽しんで走られたと知ったが、海あり山ありの男鹿半島一周は見所がたくさんあって、思っていた以上に楽しめた。
       動画編 https://youtu.be/kO7F_tbF1JA

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私的なまはげライド 男鹿半島一周 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる