東北の山〜鳥海山

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海山 桑ノ木台湿原&祓川 BCクロカン

<<   作成日時 : 2015/06/05 06:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

鳥海山 桑ノ木台湿原 祓川〜舎利坂上〜唐獅子平小屋〜東斜面〜祓川


2015/05/30 晴れ 時々 曇り
画像


      雪解けが早かった今年、レンゲツツジの開花も例年よりも早まり、6月に入る前に既に満開を迎えていた。今年は週末にツツジの開花時期と好天が重なり、桑ノ木台湿原とBCクロカンの両方を楽しむ事が出来た。

      桑ノ木台湿原に向かう前に菜の花が終わりかけていた桃野を通った後、谷地沢の溜池に映る逆さ鳥海が眺められた。
画像


      早朝でも、多くの人が訪れるだろうと思っていたが、桑ノ木台湿原の駐車場は意外と空いていた。好天が続いていたので、普通のスニーカーで出陣。林道も、林の中の湿原までのアプローチ道もぬかるんだ所はなかった。湿原入り口の池塘 例年ならばミツガシワが終わる頃にレンゲツツジがピークを迎えるのだが、今年は両方咲いていた。
画像


      湿原には先客が5,6人程と少なかった。レンゲツツジとワタスゲ
画像


      奥に進むとレンゲツツジが多く咲いていた。
画像


画像


画像


画像

 
画像


画像


画像



画像



画像


      今年のレンゲツツジは大当たり年といっても良い位の大開花であった。
画像


      十分に景色を堪能した後、祓川へと向かった。今回から竜ヶ原湿原の木道を過ぎてから雪に載ったが、BCクロカンの靴と板が軽いので苦にならない。七ツ釜から桑ノ木台湿原を俯瞰 鳥海山からも湿原が赤く彩られているのが分かった。
画像


      今までは強風の為、舎利坂からすぐ御田ヶ原まで標高を下げるしかなかったが、今回は微風で東斜面へと足を延した。唐獅子平小屋まで雪が繋がっていないと思っていたが、すぐ裏まではぎりぎり繋がっていた。ただし、小屋裏では雪がなく、小屋に入るには登山道側からアプローチするしか出来なかった。東斜面へと登り返すと、フラットバーンが残っており、登り返して時間まで滑りを楽しんだ。
画像


      今回、雪渓上で初めて見る昆虫が十数匹位も見られた。 ウマノオバチ♀ 体長の数倍もある長い産卵管が特徴
画像


      法体の滝俯瞰 融雪水で水量が多い
画像


     動画編 https://youtu.be/CZs9M3wZSO0

月別リンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥海山 桑ノ木台湿原&祓川 BCクロカン 東北の山〜鳥海山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる